整体院日記


練馬高野台 順整体院院長が日々の思い、感じたことなど気ままに書いてみます。
by o-o-seitai
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

6月11日初夏の石神井公園

このところ毎朝石神井公園で散歩をしてから仕事場に向かう。きょうは梅雨の曇り空。空気はややひんやりしている。朝小雨がふったので、いつもよりひとはまばら。奥の三宝寺池はすきな場所だ。公園だが野性味が残っている感じで、子供時代もよく遊んだし、おとなになってからもよく来る、自分の生活の一部になっているような場所だ。池には巣立ったばかりのカルガモの赤ちゃんや、しじゅうからのこどもたちも、元気に鳴きながら林間をとびまわっている。いまは新緑の綺麗なほんとうにほっとする場所だ。

きょうもいつもの散歩コースをなにげなく歩いていると、前方にちょっと太いひものようなものが落ちている。近ずくとへびのこどもらしい。40センチぐらいだろうか。動かないので弱っているのかなあと思い、しばらく見つめていると、すぐわきをジョギングしている方が通過した。へびはびっくりしたのだろうか。急に動き始め、わたしの靴のうえにのっかり、つう~っと、へびの体全体が、靴の上を通り、わきの草むらに消えていった。動物好きなわたしだが、へびはにがてだ。でも不思議といやな感じはしない。お前もげんきでやれよって感じ・・。へびは金運の象徴ともいわれる。おれにもこれで金運がついたか・・。と、得したような、ちょっぴり不純なことを考えた朝だった。
[PR]

# by o-o-seitai | 2012-06-11 15:53

移転しました

長きにわたり、荻窪で営業いたしておりましたが、このたび西武池袋線の練馬高野台または富士見台の近くに移転いたしました。定期的にお通いいただいていた荻窪のお客様にはご迷惑をおかけします。遠くなってしまったが、またぜひ通いたいとおっしゃってくださる方も多く、ほんとうに感謝です。新たな気分で地域の人たちのお役に立てるようがんばります。

私事でありますが、店をオープンするのはやはりけっこうエネルギーがいります。なかなか段取りどおりにはいきません。急にエアコンがこわれたり、思わぬところが抜けていたり、いろいろあります。今回は昔からの友人たちがいろいろ手伝ってくれてやっと店を開けました。デザインを考えてくれたデザイナーの友人。チラシをいろんなところに配ってくれた友人。ホームページの手直しをしてくれる友人。みんなにありがとうです。人に支えられて生きているんだなあと、つくずく感じます。・・・年か?
[PR]

# by o-o-seitai | 2012-05-24 18:17

2012年 ことしもよろしく

2012年もはじまりました。今年も皆様の体調の改善にお役に立てるようがんばりたいと思います。よろしくおねがいします。

さすがに去年の年末から冷え込みがきつくなってきました。北風がふき、しんしんと冷え込む夜や朝、都会に住む、ノラ猫や鳥たち・・・。南極のタロとジロもすごいが・・・きみたちもすごい!・・と、思ってしまう、このごろです。
[PR]

# by o-o-seitai | 2012-01-08 15:35

2011年今年もご利用ありがとうございました

今年もたくさんの人に、ご利用いただきありがとうございました。景気の低迷が続くなか、3月の東北大震災にはじまり、原発事故、雇用問題、政治の混迷、世界規模でみても、ユーロの信用不安など、いろいろな不安要因に満ちています。来年はいい年になりたいものです。また、被災地の方々の生活が少しでも良くなりますよう、祈るばかりです。

とはいえ、暗い顔ばかりしていては、しょうがありません。来年はまた新たな気持ちで、来院される方たちの、体調の改善にお役にたてるよう、がんばりたいとおもいます。2012年もよろしくおねがいします。
[PR]

# by o-o-seitai | 2011-12-29 16:44

ある日独り言

10月も半ばを過ぎ今年もあと少し。地震や台風の大きな被害があり、週刊誌の見出しは政局の混乱や不況の記事で満ちている。無駄使いを減らすといいながらあいかわらずぽんぽん建てられる公務員宿舎。増税、年金もあぶないようだ。げんなりする人は多い。

先日ちかくの石神井公園に散歩にゆくと、近くの幼稚園のこどもたちの列とすれちがいました。2頭の子馬のポニーを連れていました。手綱をひいているこどもたちは、誇らしげです。馬も林の中を歩いてうれしそうです。いいなあ、子供の目は・・・。ずるいおとなにはなるなよ・・・。そんなことばが頭をよぎる。
[PR]

# by o-o-seitai | 2011-10-19 18:21

夏休み

f0114319_16252092.jpg

埼玉県の秩父にいってきました。写真は奥秩父、両神山にある、丸神の滝。山奥の秘境にある見事な滝です。
f0114319_1633559.jpg

上はキャンプ場にいたナナフシ。こちらでは何匹も見られました。
f0114319_16383242.jpg

立派なクワガタもいました。渓流のせせらぎを聞きながら天然のクーラーのような気温の中、夜はぐっすり眠れました。長瀞に立ち寄り、船でライン下りを楽しみました。長瀞はものすごく人が来ていましたが、全体的には秩父は長野県みたいにたくさんの観光スポットがありません。でも気持ちのいい温泉もいくつもあり、自然も豊かないいところです。手打ちそばもおいしかった・・。東京圏から近く、それでいて秘境も楽しめるまだまだ開拓の余地のあるすてきなところです。みんなもっともっと秩父に行きましょう。
[PR]

# by o-o-seitai | 2011-08-22 16:34

本をすてる

いくらか余震も少なくなってきました。スーパーの棚はまだ前の状態にはもどっていません。よく買っていたおせんべいが、なくなりました。東北の方からきていたのでしょうか。5月になり新緑がきれいです。色んな花もさいてきました。東京の日常生活はだんだん元にもどりつつあります。新緑の芽吹きをみていると、被災地を思います。真冬、寒くつらい日が続きますが、いつか春になり、枯れ草でおおわれていた大地もあたらしい緑でおおわれてきます。枯れていたと思われた木にも新芽が吹き出したりします。どんなにがんばってといわれるより、むかしから人間はこういう自然の動きにこころを動かされ、なぐさめられ、力を得てきたのではないでしょうか。      

先日、たまった本をだいぶ処分しました。どうも本というのは捨てにくいものです。でも限られた住居スペースの中ではどうしてもたまに処分する必要がでてきます。エイ、ヤッ!という感じで捨てました。惜しい気もしますが、処分した後は気持ちがすっきりしました。でもまたたまってくるんだよなあ・・。現代は物のあふれている時代です。企業も売るために、あの手この手で人々の購買意欲をかきたてます。つい余分なものを買ってしまう。買ってから、しまった!と思うこともよくある。物をすてるとき、迷ったときは、「孤島に行くのに最低限もって行くものを考える」という言葉がある。本で言えば、ある人には聖書であったり、好きな小説のひともいるでしょう。お気に入りの画集かもしれません。物の溢れる時代にどう物と接してゆくのかはしっかり考えなくてはいけないと思う。物を整理したり、すてたりするための本がベストセラーになったりする。でもこんなことをうだうだ考えても、若い人には、ばかだねえ、捨てることないのに・・I PADにでもいれちゃえばいいんだよなどいわれそうです。
[PR]

# by o-o-seitai | 2011-05-12 11:57

エネルギー

大地震があり、原発がたいへんなことになっている。やはりエネルギーは他のものにシフトしてゆきたい。以前テレビで、ビルの窓ガラスに貼るシート状のソーラーパネルが、大学の研究室で開発されたとしょうかいされたことがある。また、人々の歩くエネルギーを利用して駅の床面などに発電システムを設置する実験を報道していた。普及するにはコストの問題などがあるのだろうが、少しずつでも実現したい。たぶん研究室の段階ではけっこういい発明があるのではないか。以前は太陽光発電の研究で日本が世界をリードしていたが、政府や通産省などが原発の推進に大きく舵を切り、企業もあまり力をいれなくなったようだ。想定外の事故などと学者の方々が言っても、しらけてしまう。いつも大きな事故が起きるたびに、何でこれくらいのことが予測できなかったのかと思ってしまう。何千億もかけてつくった津波よけの堤防も役にたたなかった。なにかあったとき、あまりに負の部分の多い原発。それにしても最近販売される新築マンションはオール電化を歌っているものが多い。まず常に確実に電力が供給されることが前提となって物が作られる時代なのだろうか。

きのう、もとキャンディーズのスーちゃんこと女優の田中好子さんがお亡くなりになりました。あまりにはやく、残念ですが、女優さんになってからも活躍なさり ちゅらさんなどでいい演技をみせてくれました。魅力的な方でした。ご冥福をおいのりいたします。
[PR]

# by o-o-seitai | 2011-04-22 15:54

大地震

いやはや、とんでもない大地震がおきてしまいました。ただただ被災地の方々の無事や速やかな復興を願うばかりです。当院のある荻窪もかなりゆれました。ちょうどお客さんの切れ目だったので、揺れが大きくなったとき、あわてて外に出ました。周りのビルからも多くのひとが道路に出ていました。少しすると大きな揺れが来て、数件先の民家の屋根瓦がくずれおちました。わたしは東京生まれですがこんなに強い揺れははじめてです。家に帰りテレビをつけると,想像を絶する光景が映し出されていました。原発も気がかりな状態です。今朝は乾電池を買おうとコンビニによったらラジオ用にみんな買ったのでしょうか、棚がからっぽになっていました。
[PR]

# by o-o-seitai | 2011-03-13 15:39

もう3月

3月になりましたが、風はまだ冷たい日が続きます。でも梅の花が咲いてきたり、日が長くなったりして、あたたかい日があると、ああ冬も終わったか・・、春だ、春だ、なんて、つぶやいていたりします。この時期、受験生のいるご家庭も多いと思います。志望校に受かった子もいれば、涙をのんだ子もいることでしょう。長い人生です。いろいろな思いをかかえつつも、4月からは新しい生活が始まります。それぞれにがんばりましょう!

f0114319_11305627.jpg工藤直子さんのすてきな詩を紹介します。

    日記

 ゆうがたの海は 太陽の日記帳です

 雲や風と 出会ったことや

 カニやカモメと 遊んだことを

               光の文字で 海に書きます

               海にうかぶ ちいさな島々は

               あれは 句読点です

               書きおとしはないかと

               太陽は もういちど海を照らし

               ぱたりと 「今日」 のページを閉じます


(ハルキ文庫 工藤直子詩集より抜粋)
[PR]

# by o-o-seitai | 2011-03-04 11:43