整体院日記

チェス対将棋

先日、将棋の名人、羽生善治さんと元チェスの世界チャンピオン、ガルリカスパロフさんとのチェス対局がありました。カスパロフさんは引退してけっこうたつらしいのですが、さすがでした。羽生名人に二連勝して貫録を見せました。羽生さんもチェスは相当強いのですが、だいぶ差があるなという感じでした。対局がユーチューブにアップされていたので対局を楽しめました。見ていると将棋とチェスは似ているようでだいぶ違うなという印象でした。たぶんその国の文化などに影響されともに発達したのでしょう。将棋はチェスと比べると、やはり日本の戦という印象でした。武田信玄、や徳川家康なんかが出てきそうです。チェスは比較するとより空間的とでもいいましょうか、桂馬に相当するナイトの動きも前に行ったり後ろに行ったり出来、前にしか行けない桂馬と比べると戦場を縦横無尽に駆け回っている感があります。王様が前線で戦うことも多いようです。よりスピーディーでしょうか。チェスの試合はほとんど見たことがなかったのですが高度な駆け引きと緊張感が伝わり、世界中で楽しまれているわけがすこしわかりました。こんどはカスパロフさんが将棋を覚えて羽生名人と対局してもらいたいものです。おもしろい企画でした。感謝!
[PR]

by o-o-seitai | 2014-12-03 17:49
<< さくら 蝉しぐれ >>