整体院日記

さむい日 雑感

一月もなかばになり寒さが本格化しています。毎朝訪れる石神井公園の池にも氷がはり渡り鳥たちもたくさん増えてきました。なかでも鷺(さぎ)の集団がいるのですが、おもしろい。朝はいつでも南がわのよく陽のあたる木にみんなでとまり体をあたためながら寝ています。青いのや白いのや、何種類かいます。とても美しい鳥です。ぜんぶで20羽以上いるようです。ほとんど動かないのがまたおもしろいです。

公園では、寒いのでさすがにこのごろジョギングなどしている人の数も減っていますが、だいたい同じようなひとやちによく会います。とくにあいさつするわけではないですが、きょうもあのひとがんばって歩いているなあとか、むこうも感じているのでしょうか・・・。

去年の暮れからSF小説を何冊か読みました。

「輝くもの天より墜ち」ジェイムズ ティプトリー ジュニア
「地球の長い午後」BWオールディス
「幼年期の終わり」アーサーCクラーク

日本ではSFというとやや低くみられがちな分野ですが、わたしは大好きです。上記の3作はなかなかすてきでした。「幼年期の終わり」などは三島由紀夫氏もかなり評価していたようです。
[PR]

by o-o-seitai | 2014-01-17 16:12
<< 佐村河内氏の事件に思う 一寸先は光 >>