整体院日記

オリンピック柔道を見て

昨夜オリンピックの柔道女子48キロ級、男子60キロ級の試合が行なわれました。金メダル候補といわれた福見選手残念ながらメダルはとれませんでした。男子の平岡選手みごとな銀メダルです。予選を見ながら感じたのはここまで世界の柔道は強くなっているのか!という驚きでした。組み手などもよく研究されています。福見選手と3位決定戦で当たった選手は組んだ瞬間に技を仕掛けて相手に余裕をあたえませんでした。最後に平岡選手を破った選手もすばらしい反射神経の一本勝ちでした。もう日本のお家芸とかいってる時代ではないな・・。海外では独特の進化をしている「ジュウドウ」なのだなという思いを強くしました。ルールも改正され以前のようにポイントかせぎに技の掛け逃げする選手は減りました。消極的な試合が減り素人目にみてもおもしろくなりました。ほんとうに世界のトップクラスの選手は紙一重の実力差だと思います。なにはともあれ熱戦が続きます。がんばれ日本!

それから女子重量挙げ三宅選手、銀メダルおめでとうございます!
[PR]

by o-o-seitai | 2012-07-29 14:16
<< はらはらドキドキ オリンピックの熱い夜 >>